nbox特別仕様車(2018/11)カッパーブラウンスタイルがデビュー!

2018年11月2日(金)に追加された特別仕様車、「N-BOX COPPER BROWN STYLE(カッパーブラウンスタイル」。

今回は通常のnboxとの違いを詳しくチェックしていこうと思います。

そもそも「カッパー」とは何か

https://www.honda.co.jp

という意味です。

あかがね色とも言われますね。

エクステリアはカッパーがあしらわれています。

ブラウンは内装にのみ使われているようです。

nbox特別仕様車カスタムカッパーブラウンスタイルのグレードとシートタイプ仕様について

カッパーブラウンスタイルはnboxのみの特別仕様車となります。

nboxカスタムには設定されていません。

グレードはG・L Honda SENSING、G・L ターボ Honda SENSING 、G・EX Honda SENSING、G・EX ターボ Honda SENSINGが設定されています。

シートタイプはベンチシート仕様、スーパースライドシート仕様です。

スロープ仕様にカッパーブラウンスタイルの設定はありません。

まとめますと、スロープ仕様意外のシートタイプなら、G・Honda SENSING意外の全てのグレードが適用されているということになります。

nbox特別仕様車カスタムカッパーブラウンスタイルの価格と装備について

https://www.honda.co.jp

分かりやすく言うと、通常の各グレードにプラスアルファの基本装備が施されるのが「N-BOX COPPER BROWN STYLE」ということになります。

その分価格は高くなります。

例えばベンチシート仕様のG・L Honda SENSINGはFFで1,499,040円(8%税込み)ですが、特別仕様車は1,689,120円(8%税込み)です。

装備についてですが、内装色が専用のものになります。

https://www.honda.co.jp

ブラウンとブラックをあしらったしっとりとした色空間。

カッパーブラウンスタイルだけの色となります。

通常のnboxの明るい色やカスタムの渋さとはまた違った色合い。

おしゃれとチョコレートのようなかわいらしさを併せ持つのが大きな魅力です。

カラーバリエーションですが、2種類から選ぶことになります。

https://www.honda.co.jp

プラチナホワイト・パール&カッパーの場合、価格が21,600円(8%税込み)高となります。

https://www.honda.co.jp

クリスタルブラック・パール&カッパーの場合価格は高くなりません。

扱いは共に2トーンカラーになります。

カッパーブラウンスタイルだけに追加される装備6つ。

エクステリアは2つ、インテリアは4つ(G・L Honda SENSINGは2つ)です。

まずはホイール。

https://www.honda.co.jp

ボディのプラチナホワイトとなじむ白いスチールホイールとカッパーのホイールキャップです。

標準でホワイトのホイールを履く点はまさに特別仕様車。

強力なアクセントです。

ホワイトのホイールってめずらしくないですか?

さらにカッパーのハーフホイールキャップは他ではお目にかかれませんね!

https://www.honda.co.jp

ドアハンドルはクロームメッキになり、より深い輝きを放ちます。

こちらも他のnboxには見られない高級感を放っています。

https://www.honda.co.jp

インテリアは標準nboxのガーニッシュやオーナメントがカッパー仕様になっています。

ターボは本革巻のハンドルの縫い目がアイボリーになっており、細かいところも特別感を意識。

個人的にはホワイトのホイールがポイント高いですね。

どちらかと言うとnboxスラッシュに近いホイールデザインになっています。

その他、G・L Honda SENSINGはターボと同じようにリア右側がパワースライドドアになり、サイドエアバッグも搭載されます。

カッパーブラウンスタイルの諸元表について

引用元:https://www.honda.co.jp

公式サイトではあまりはっきりと書かれていませんが、エンジンはターボを搭載しています。

モデル名のターボとないから見落としがちですね。

ターボモデルを求めている人にはこの点、価値がありそうです。

カッパーブラウンスタイルのエクステリアを評価

カッパーブラウンスタイルはその名のとおり、ルーフ、ミラーカバー、ホイールカバーにカッパー塗装が使用されています。

https://www.honda.co.jp

ブラウンとホワイトの組み合わせは街中に良く馴染む2トーンカラーです。

おしゃれでありながら悪目立ちすることはないでしょう。

アクセサリーも専用のものが設定されています。

https://www.honda.co.jp

ホワイトのホイールはメッキにすることで標準のホイールに近い色を表現できます。

https://www.honda.co.jp

テールゲートスポイラーもカッパー塗装のものが用意されており、装備の強化も可能。

また、スマートキーもカッパー塗装のものが用意されるようです。

「N-BOX COPPER BROWN STYLE(カッパーブラウンスタイル」は性能的には標準nboxと同じですが、見た目はグレードアップしています。

とてもいい色だと思います。

気に入った人は購入を検討してはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする