新型nboxとルーミーを比較!価格・燃費・性能はどっちが上?

下取りはオークションを使うこと!

どこで査定しても大して買取価格が変わらないのは目に見えるライバルがいないからです。

 

ディーラーでは30万円の下取りがオークションでは80万円になることも多々あります。

 

オークションを使えば最大5000社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上がります。

 

申し込みはカンタンしかも無料!

 

ブランド力が強いトヨタのルーミーと新型nboxを比較します。

ルーミーは2016年の登場であり、若さあふれるコンパクトカーです。

軽だと思う人も多いようですが、軽ではなくコンパクトカーです。

まだまだこれからの可能性を秘めているnboxとルーミー。

どっちがレベルの高い車でオススメなのでしょうか。

スポンサーリンク
 




nboxとルーミーの価格を比較!

引用元:https://toyota.jp

ルーミーはコンパクトカーなので価格はnboxよりお高いはずです。

nboxとルーミー、どちらを買うかで迷った場合、価格が近いグレード同士で天秤にかけることになります。

両者の価格を比較しようと思います。

ルーミー本体価格表
グレード(モデル) 2WD(CVT)価格(8%税込み) 4WD(CVT)(8%税込み)
X 1,463,400円 1,636,200円
X”S” 1,528,200円 1,701,000円
G 1,684,800円 1,857,600円
G-T 1,803,600円
カスタムG 1,836,000円 2,008,800円
カスタムG-T 1,965,600円
G “Cozy Edition” 1,730,160円 1,902,960円
平均価格 1,715,966円 1,821,312円

本体価格は平均してnboxより10万円ほど高いのがルーミーです。

以外と安いですね、ルーミー。

価格でnboxかルーミーかを選ぶ場合の参考として、価格帯で分けてみました。

価格帯(8%税込み) 2WD(CVT)モデル名 4WD(CVT)モデル名
1,300,000 円~ nbox G・Honda SENSING
1,400,000円~ nbox G・L Honda SENSING
ルーミー X
1,500,000円~ ルーミー X”S” nbox G Honda SENSING
1,600,000円~ nbox 特別仕様車 G・L Honda SENSING カッパーブラウンスタイル
nbox G・L ターボ Honda SENSING
nbox カスタム G・L Honda SENSING
ルーミー G
nbox G・L Honda SENSING
ルーミー X
1,700,000円~ 特別仕様車 G・L ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル
ルーミー G “Cozy Edition”
ルーミー X”S”
1,800,000円~ nbox カスタム G・L ターボ Honda SENSING
ルーミー G-T
ルーミーカスタムG
nbox 特別仕様車 G・L Honda SENSING カッパーブラウンスタイル
nbox G・L ターボ Honda SENSING
nbox カスタム G・L Honda SENSING
ルーミー G
1,900,000円~ ルーミー カスタムG-T nbox 特別仕様車 G・L ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル
ルーミー G “Cozy Edition”
2,000,000円~ nbox カスタム G・L ターボ Honda SENSING
ルーミー カスタムG

本体価格が160万円台、180万円台のモデルが一番充実していることがわかります。

この価格にオプションなどが重なることになります。

予算で購入を検討するときの参考にしましょう。

おすすめは装備が充実しており、価格も手ごろで選択の幅が広い160万円台です。

スポンサーリンク
 




nboxとルーミーの燃費を比較!

引用元:https://toyota.jp

nboxとルーミーは排気量も違うし、本来燃費を競うのは土俵が違うかもしれません。

しかし燃費を重視するなら比較するべき項目です。

ルーミーJC08モード燃費表
グレード(モデル) 2WD(CVT) 4WD(CVT)
X”S” 24.6km/L 22.0km/L
X 24.6km/L 22.0km/L
G 24.6km/L 22.0km/L
G-T 21.8km/L
カスタムG 24.6km/L 22.0km/L
カスタムG-T 21.8km/L
G”Cozy Edition” 24.6km/L 22.0km/L
平均燃費 23.8km/L 22.0km/L

重量も影響しているのか、トヨタにしては普通の燃費のルーミー。

nboxの方がカタログ上はいいようですが…。

引用元:https://autoc-one.jp

ルーミーは2018年11月にG”S”がカスタムGに統合されました。

しかしデータとしてはまだまだ新しいので採用。

ルーミー実燃費
グレード G”S”(2017念12月モデル)
パワートレイン NAエンジン
駆動方式 2WD
JC08モード燃費 24.6km/L
市街地 16.2km/L
郊外路 16.2km/L
高速道路 18.8km/L
平均実燃費 17.2km/L

オートックワン様の燃費実験の結果を流用させていただいています。

残念ながら、実燃費の方もルーミーはあまり良くはないですね。

エアコンをつけての短距離走行だと、10km/Lまで燃費が落ちるという話もあります。

nboxでもエアコンをつけての短距離は14km/Lほどの実燃費が報告されていますし、やっぱりルーミーの実燃費は悪いと思います。

この実験ではそこそこの距離を走っているみたいですし。

とりあえず燃費と価格を重視するなら、先ほどの表を見て、気にいった価格帯のnboxを選んだ方がいいですね。

スポンサーリンク
 




新型nboxとルーミーの性能を諸元から比較!さすがはコンパクトカー?

地齋に乗るのなら使い勝手の良さも大切ですよね。

ルーミーは乗用車の性能を発揮しているのでしょうか?

nbox(ベンチシート仕様)とルーミー主要諸元比較
nbox ルーミー
全長 3.395m 3.700~3725m
全幅 1.475m 1.670m
全高 1.790m 1.735m
室内長 2.240m 2.180m
室内幅 1.350m 1.480m
室内高 1.400m 1.355m
車両重量 810~910kg 1,070~1,100kg
最小回転半径 4.5m 4.6~4.7m
最大トルク 65<6.6kg・m>/4800(ターボは104<10.6kg・m>/2600) 92<9.4kg・m>/4400(ターボは140<14.3kg・m>/2400~4000

車体の大きさはルーミーの方が上ですが、室内の高さと長さはnboxの方があるようです。

室内を完全な長方形として計算してみますと

nboxは2.240m×1.350m×1.400mで4.2336立方メートル。

ルーミーは2.180m 1.480m 1.355mで4.371772立方メートル。

ルーミーは幅の大きさで室内体積を稼いでいますね。

しかしルーミーの方が室内が広いとはいえ、あまり変わらないようにも感じます。

nboxの室内確保技術がすごいとしか言いようがないでしょう。

ここで注意しておかないといけないのが燃料タンクの容量ですね。

ルーミーは36リットルですが、nboxは27リットル。

nboxの室内の広さは燃料タンクを削ってのものです。

だから燃費がいいとは言え、nbox補給の頻度は多いと言えるでしょう。

トルクはルーミーの方があります。

なにせコンパクトカーですから、軽よりトルクがないとかありえない話ですし…。

最小回転半径もnboxと大差ないので、車体の大きさからみるとルーミーも優秀と言えます。

ですが、せっかくですからもうすこしnboxと差をつけた室内の広さはほしかったですね。

軽と乗用車という区分違いもありますし、優劣はつけ難いというのが正直な感想です。

nboxとルーミーのインテリアを比較!ルーミーは…

引用元:https://toyota.jp

正直なところ、あまりぱっとしないのがルーミーのインテリア…。

デザインもありきたりなイメージがありますね…。

引用元:https://toyota.jp

その中でも光るのがフルフラットになるシートアレンジ。

自由度が高く、後部座席を全部倒す、前部の座席を倒すなど、やり方次第で様々なシーンに対応できるのが便利で〇。

車中泊のしやすさはnboxより上だと言えますね。

あとは全体の構成ですが、nboxとよく似たかんじになっています。

車中泊を考慮し、わずかでも広いインテリアが欲しいならルーミーを選ぶ価値はありますね。

引用元:https://www.honda.co.jp

スーパースライドシート仕様や、スロープ仕様など、介護や育児を想定した作りに魅力を感じるならnboxといったところでしょうか。

nboxとルーミーを比較した結果

引用元:https://www.honda.co.jp

選ぶなら断然nboxですね。

価格、燃費でルーミーを圧倒しています。

性能や車内の広さはルーミーが優れていますが、nboxと大きな差は感じられません。

内装も同じです。

しかしあまり差を感じない中でもわずかに広く、フルフラットになる室内に必要性を感じるならルーミーと言う選択も十分ありだと思います。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「このクルマ、性能いいし、かっこいいな…でも高い!」
  • 「値引き交渉がうまくできない…」
  • 「ローンを組んでも支払いがキツい…」
  • 「新車を最安値で手に入れたい…」
  • 「中古車査定も受けてみたけれど大して買取価格が変わらない…」

 

新車の購入には悩みが尽きません…。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず、また聞いてもらったところで欲しいクルマに手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

必ずオークションを使うこと!

どこで査定しても大して買取価格が変わらないのは目に見えるライバルがいないからです。

 

ディーラーでは30万円の下取りがオークションでは80万円になることも多々あります。

 

オークションを使えば最大5000社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上がります。

 

時代は一括査定よりオークション、依頼しないのは損・損・損!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする